シエラ・ブランカ。

好奇心旺盛なOLの時々アウトドアな多趣味雑記ブログ。Sierra Blanca #2.

雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人

読者登録お願いします

 山岳小説を読みました。

今回読んだ作品はこちら↓

 

 

 

雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人 (新潮文庫)

雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人 (新潮文庫)

 

 

タイトルの「雪山」「ノアの箱舟」「殺人」

これは、標高が高い雪山で何かが起きる!

という期待を感じ、タイトルで即決して呼んでみました。

 

*多少ネタバレありです。*

 

感想は、まあまあです。

 

ノアの箱舟を調査するチームが、登山中、なぜか死んでいく・・という話。

要素的には、登山<ミステリーといったところです。

途中、宗教のうんちくが色々説明されるのですが、

私はだいたい読んで読み飛ばしてしまいました・・(すみません)

ラスト近くになって、物語に急展開があります。

 

推理については、ちょっとこじつけ感があるような、ないような。

殺人計画は、かなり徹底的にしないと、こううまくすすまないのではないかなーとは思いました。

 

あとは「山岳小説」として期待しただけに、

ミステリー要素が多くて、ちょっとがっかりしました。

最初から、山を舞台にしたミステリー小説、と思っていれば、

違う見解がみれたかもしれません。

 

宗教をからめた山岳ミステリー小説です。