旅と山とわたし

国内旅行とお山の記録。ときどき日記あり。

富士登山 令和元年(2019)


2019年7月19~20日で、富士登山をしてきました。

 

今年で4回目の富士登山です。

 

実は昨年でやめる予定でしたが、

令和になったので、「令和記念」の御朱印を頂きたく、登ることを決意。

 

梅雨前線がなかなか離れてくれず、天気がわからない中、登山日をむかえました。

 

あいにくの天候でしたが、無事に登頂には成功。

 

雨ではありましたが、わずかな望みをかけて、ご来光を見るために夜中出発の登頂アタック!

 

私の思いもむなしく。

 

残念ながら、ご来光をおがめませんでした(涙)

 

その後、剣が峰およびお鉢めぐりをする予定でしたが、風が強いため断念し、下山。

 

ま、こんな日もあるよね、という登山でした♪

 

それでは、今回の山行をご紹介します。

 

f:id:siera8blanca:20190722141426j:image

 

2019年7月19日 富士スカイライン五合目(吉田口)

 

相変わらずの人の多さです。駐車場にはひっきりなしに、観光バスがやってきます。

 

7月1日に開山し、7月10日ごろに9合目から山頂の登山路が開通。

 

梅雨明けはまだまだですが、それにしても外国人が多い!

 

日本人はあまりみかけません。

 

さて、到着は、午前11時ごろ。

 

天気の予報は、曇りでしたが、五合目は晴れ間がみえていました。

 

このままだったら登れそう。

 

軽く準備運動をし、高度順応を1時間したいところですが、

 

午後から天候があれそうなので、ゆっくり6合目に向かうことにしました。

 

 f:id:siera8blanca:20190722142515j:plain

6合目まで上がったところ。この先から、いよいよ登山開始します。

雨が降りそうな空です。なんとか山小屋までもってくれるとうれしいなぁ。

ちなみに風は軽くふいています。気温16度。やや肌寒いです。

 

f:id:siera8blanca:20190722142529j:plain

左下は私の指が入ってしまいました・・・。

8合目あたりに上がった時の写真。

まだこのころは雨降っていませんでした。そろそろ降りそうな予感です。

 

f:id:siera8blanca:20190722142539j:plain

 

8合目太子館を抜けるところです。

7~8合目までは、岩場がありますが、今までめちゃくちゃ遅かったのですが、ここを過去最高の速さ(1時間20分くらい→20分)で通過しました。我ながら自分の成長を実感した次第でございます(笑)

 

ここからは夜の移動と雨風が強いため、カメラ撮影は断念。

以下文章が続きます。

 

このころから、雨がぽつりぽつりときはじめました。

上はどんよりしているのがわかります。

私もここで雨具を身に着けました。

 

 午後5時すぎに、本八合目の山小屋に到着。

ついてさっそく夕食→寝ました。

寝ている間は、風と雨が山小屋に当たる音がしており、なかなか寝付けません。

風が一時期ごおおっ吹き荒れて、山小屋が揺れている感じがしました。

 

気づいたら、相方に起こされます。

起こされて気づいた時間は、午前2時。

寝床の隣をみると、空っぽ。

山小屋の人にもうひとり隣に来ます、と言われていたのですが、

どうやらこれなかったようです。

 

のそのそと起き上がると、一緒に雑魚寝していた外国人たちも、Good morningと起きだします。おこしてしまったかと思って、どきりとしましたが、彼らも早々に着替えてでていったので、ほっとしました。

 

午前3時。山小屋出発。

山小屋を出た時点で、雨があり、そして風も強かったです。

登頂前の最後の山小屋「御来光館」を通過。

 

そしていよいよ9合目に突入。

これまでストックなしであがってきましたが。9合目から更なる風が吹き付けます。

こりゃだめだ。と判断し、ストックを持つことに。

 

9合目からは、3400mの世界ですので、ちょっと早歩きするだけで、息があがります。風が強いので、正直にいうと、早歩きは無理(笑)

しばらく歩くと、行列にぶつかります。

ほぼ一通の道なので、そのままゆっくりと続きます。

 

9合目からもジグザグ道なのですが、コーナーにさしかかったとき、猛烈な風がふきつけ、ストックもっていても、体が飛ばされそうになりバランスをくずしかけました。

相方に支えてもらいながら、まがります。

さらにあがるにつれて、風が強くなり、雨も激しくうちつけます。

高度3400mの風速14mは想像以上に、強いです。

 

夜明けは4時32分。

気づけば空がうっすらと明るくなりはじめました。

でも私はまだ9合目だよ・・・(涙)

御来光行列は続いており、3歩歩く→止まる→3歩歩く→止まる。というのをずっと繰り返しながら、頂上に向かいます。

 

途中急いでいるのか。ツアーの客なのか。

途中から、数人の人が急に横から現れ、前の列に割り込んだり。

また、横から無理やり通ろうとするので、え、ここで?みたいな感じで、

ちょっとおどろきました。

 

雨と風が吹いているので、後ろから音がしてもまったく聞こえないのです。

前の列に割り込むから、さらに歩みが遅くなるんだけど・・・(汗)って感じです。

 

また、通過するときに、その人のザックが肩にあたったり。

富士山だからいいけど、ここが断崖絶壁の岩場だったら完全に落ちたんですが・・・という感じ。昼間ならいいけど、夜で雨&風の中、この嵐の状況下、この一本道でそれはやらないでほしかったなぁ。と思いました。

 

ちなみにこのスピードなので、まったく高山病にはかかりませんでした。

また周りが暗すぎて、9合目山頂付近の崩落現場がまったくわかりませんでした。

多分ここなんだろうなぁという場所は、わかったんですが。あっけなく通過してしまいました。

 

午後5時すぎ。富士山頂上に到着。

すでに夜が明けており、あいにくご来光はおがめず。

わずかな雲の隙間からみたかったなぁ・・・

太陽の光は心強いです。太陽みるだけで元気がでるんですが。この日は見ることがかなわず。

 

雨の中、2時間以上歩いていたので、とにかく雨宿りがしたかったです。

雨宿りするために、食事をかねて山小屋に入りました。

ラーメン一杯900円でしたが、おいしかったです。

でも、雨の中急に食べたせいか。おなかが痛くなりました・・・。

 

30分もすると、人が一気にはけていき、山小周辺の人はまばらになりました。

きっと下山したんだろうなあと思います。

f:id:siera8blanca:20190722141433j:plain

頂上の様子。人はもうまばらです。

雨が小雨の状態。風はふいています。

この状態では写真をろくにとれませんが、半ばやけくそ状態で写真をとりました(笑)

下山を考えると体力を温存したかったので、剣が峰はいくのをやめました


f:id:siera8blanca:20190722150300j:image

 

剣が峰はいかなかったのですが。

せめての思い出に(笑)いった証として、須走口ルート石碑で記念撮影。

画像は暗すぎたので、明るめに加工しました。

 


f:id:siera8blanca:20190722150307j:image

 

雰囲気的にはこんな感じです(笑)

こちらの写真も暗すぎて、明るくさせました。

 

そして 下山開始。

下山は吉田口に向かうので、下山道を使います。

ジグザグ道を何度も繰り返しております。

景色が相変わらずかわらないのが苦痛です(苦笑)

 

7合目までおりる手前で、避難所シェルターを発見!

実は地図ではみていたのですが、いままで気づかずに通過していました。

 

 

f:id:siera8blanca:20190722141444j:plain

 

中の避難小屋は、ごらんのとおりです。

下山道で雷がなったら避難できる唯一の小屋です。

でも7合目じゃあまり意味ないのでは・・・(汗)と思ってしまいます。

 

雨風から逃れられたので、しばらくここに座って休憩をとりました。

つかの間の休憩が疲れを癒してくれました~

 

 2019年7月20日午前12時30分ごろ。富士スバルライン5合目 下山。

ゆっくりおりてきたので、約4時間くらいかかりました。(コースタイムは3時間程度)

 

帰宅に向かうバスの時間まで、まだ時間がありますので、汚れをおとしつつ。

ごはんをたべて、ゆっくりとバスを待ちました。

 

帰宅は、午後21時ごろ。

帰宅後は、急いで洋服を洗濯しているうちに、12時に。

そのままベッドにダイブしました(笑)

 

実は、下山後、電車で帰ればもっと早く帰宅ができたのですが、ちょっとした事故がありまして・・・(苦笑)

実は、行きの富士山に向かうとき、乗り換えのバスを降りたときに、転倒してしまいました(苦笑)膝を強打したものの、顔をケガしなかったので、セーフでした。膝の状態次第で登山を断念することも考えていましたが、痛みはひいたので、そのまま登山しました。ただ、膝の負担をこれ以上かけないようにするため、帰宅時はバスを待った次第です。

 

あやうく転倒事故がありましたが、それ以外は無事におりてこられて、何よりです。

梅雨明け前の富士山は、天候悪化が激しく、天気予報もあてにならなくて。

雨への対応がままならないうちは、今後梅雨明け前の富士登山は企画しないつもりです(笑)