シエラ・ブランカ。

好奇心旺盛なOLの時々アウトドアな多趣味雑記ブログ。Sierra Blanca #2.

メスティン・クッキング:白米ごはんを炊く。メスティン料理が楽しくなりました。

読者登録お願いします

に~なです

最近寒くなりましたね~

焚火が恋しくなる季節です。

 

今日のトピックはこちら↓

メスティンdeベランピング、です。

 

 

f:id:siera8blanca:20201020214102j:plain

メスディンでごはんをたくところ

メスティンを買って約2年。やっと重い腰をあげました(汗)

メスティンを買ったものの、なかなか使う機会がなかった私。

やっとメスティンを使って、料理をすることにしました(おそいよ)

購入後、すぐにシーズニングも済ませていたので、あとは使うのみ!

 

最初につくるのは、やっぱりごはんでしょ。

まず手始めに作っているのが、ごはん(苦笑)

 やっぱりごはんたけないとねー。

ということで、作ってみることにしました。

 

作った結果・・・

はじめてメスティンで作ったごはん。

コゲがつかずにバッチリつくれました。

ま、若干米が緩かったですが、かたいよりはいいか!

ということで、おいしく作れてちょっと自信がつきました。

 

ほぼ毎日メスティンでごはんたいています

それからほぼ毎日、メスティンでごはんを焚いています。

最初はセッティングで、まごまごしていましたが、数回こなすうちに、だいぶてきぱきとできるようになりました。

 

f:id:siera8blanca:20201020214054j:plain

火からおろし蒸すところ

約30分で出来上がるからうれしい

仕事で帰宅後、下ごしらえをし米をメスティンに移して、火をつけるだけ。

あとは20-30分程度、火の番兵をしつつ。

火をぼんやり眺めたりしています。

 

火を眺めながら1日を振り返ることも

火が燃えているところ、というのは癒し効果があるそうで。

1分でもただ眺めているだけでも、よいんだそうです。

 

f:id:siera8blanca:20201020214103j:plain

100円ショップで購入した保温バッグ

ここからは私流のごはんをたくレシピです。

いろいろやってみて、ここで書くやり方が今のところ、成功率が高いので、この方法でやっています。作る環境や道具によって、五徳と火からの高さ、米に水を吸わせる時間等、調整する必要があります。

 

に~な流・メスティンでごはんをたく

材料:写真はおいおい追加します。

  • 米1合:自宅にあるもの
  • メスティン:アマゾンで購入
  • 固形燃料(30g/25g):100円ショップで入手
  • クッカースタンド:100円ショップで入手
  • 風よけ:アマゾンで購入
  • レンガ:園芸用で使ってた自宅にあったやつ
  • 保温バック:100円ショップで入手
  • チャッカマン:100円ショップで入手
  • タオル:自宅にあるやつ

作る前の準備

  • レンガをセットしておく
  • レンガの上に五徳を置く
  • 固形燃料を真ん中に置く
  • 風よけで五徳を囲んでおく(メスティンを置けるか確認)

 

作り方

  1. 米1合をあらう
  2. 米を洗ったあと、10分ほど水につける
  3. 米をメスティン容器に移す
  4. 水は、丸ぽっちの半分くらいまでにいれる
  5. メスティンを蓋をし、クッカースタンドにメスティンを置く
  6. 固形燃料に火をつける
  7. 火が消えるまでおいておく。
  8. 火が消えたらすぐに五徳からおろし、保温バッグに入れひっくり返す
  9. 20分ほど蒸らす
  10. 蓋をあけてる。
  11. 実食

いつも米の写真を撮り忘れるので、今度ちゃんととりたいと思います。

ごはんは、やややわらかめで仕上がります。

固形燃料だとなかなかかたくなりません。水の量ともう少し減らせば、硬めになるかもです。個人的にはやわらかめが好きなので、これでヨシとしています。

 

ほんじゃまた。

 

 

 <参考>

 

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

  • 発売日: 2012/04/17
  • メディア: スポーツ用品